ホーム > 省エネ家電で温暖化防止 > 温水洗浄便座の選び方&買換えのポイント

省エネ家電で温暖化防止

温水洗浄便座の選び方&買換えのポイント

買換えの時は、省エネ効果の高い温水洗浄便座を上手に選びましょう。

温水洗浄便座を買換えて省エネ

省エネ性能が高い製品を選びましょう

温水洗浄便座は、種類(貯湯タンクの有無など)が同じであれば、省エネ基準達成率が高いほど省エネ性に優れ、年間消費電力量も少なくなります。

省エネラベル

カタログや店頭の省エネルギーラベル・統一省エネラベルで省エネ性能を確認できます。また、消費電力量だけでなく、節水も大事な省エネのポイントです。

省エネルギーラベル・統一省エネラベルについて

ご家族の人数や使い方によって最適なタイプを選びましょう

貯湯式

あらかじめお湯を沸かしておきます

タンクの中の水をヒーターで温める方式で、一度にたっぷりの温水で洗浄することができますが、温水を保温するための電力が必要となります。

瞬間式

使用するごとにお湯を沸かします

タンクがなく、使用の度に水を瞬間湯沸器で温めます。温水を保温する電力は不要のため、"貯湯式"より消費電力は小さくなりますが、温水の量が限られます。また瞬間的に大きな電力を必要とします。

どちらのタイプも最新型は省エネ化が進んでいます。

いろいろな洗浄機能

水流がソフトでやさしく洗浄する機能やノズルが前後に動き広い範囲を洗浄する機能など、各社様々な洗浄機能があります。詳しくは各社HPをご確認ください。

付加機能

ご家庭のニーズによって選びましょう。

フタ自動開閉 清潔で腰をかがめる必要もなく、暖房便座の熱を逃がしにくく省エネ性に優れています。
脱臭機能 便器ボウル内の臭いを取り除く機能で、機種によって脱臭方法が異なります。
温風乾燥機能 洗浄後に温風で乾燥させる機能です。
室内暖房機能 寒い季節でもトイレスペースを温めて快適です。

設置前の確認事項をチェックしましょう

工具類が付属しており比較的容易に取り付けができる機種もありますが、別途工事が必要となる場合もありますので、事前の確認が必要です。
また、和式トイレにも専用置台を付ければ、取り付けできる場合があります。各メーカーともカタログにチェック項目を記載していますので参考にしてください。

トイレ内の電源 トイレ内にAC100Vアース付コンセントが無い場合は電源工事が必要です。
大便器のタンクの種類 背面タンク式や隅付タンク式なら、ほとんど取付け可能です。
トイレ内の設置必要スペース タンクの種類、ご購入予定の温水洗浄便座によりスペースが異なります。
カタログでご確認ください。

(詳しくは販売店などの方と相談してください。)

長期間(10年以上)ご使用の温水洗浄便座は買換えの検討を!

  • 故障したまま使うと、火災や感電、室内漏水の原因となります。
    おかしいと思ったら、電源プラグを抜いて止水栓を閉めて使うのをやめてください。安心して使うために、定期的に点検しましょう。
    ※販売店、工事店またはメーカーにご連絡ください
  • 10年以上使ったら買換えを検討しましょう。使い勝手・機能性・省エネ性能も向上しています。

温水洗浄便座 セルフ安全チェック!

長期使用による事故防止のためには、セルフ安全チェックを行い、異常に気づいたら、すぐに電源プラグを抜き止水栓を閉めてご使用を中止し、販売店・工事店、またはメーカーへご連絡ください。

温水洗浄便座  セルフ安全チェックイメージ

トイレのセルフチェック
(一般社団法人日本レストルーム工業会)

トップへ