ホーム > 省エネ家電で温暖化防止 > 温水洗浄便座(電気便座)の多段階評価

省エネ家電で温暖化防止

温水洗浄便座(電気便座)の多段階評価

温水洗浄便座(電気便座)の統一省エネラベルと多段階評価

統一省エネラベル
省エネラベル

183kWh/年を基準とし、基準時の評価点を2.0(表示:★★)とする

数表示 多段階評価点 年間消費電力量(kWh/年)
5.0以上 59以下
4.5~4.9 59より大きい~67以下
4.0~4.4 67より大きい~76以下
3.5~3.9 76より大きい~89以下
3.0~3.4 89より大きい~107以下
2.5~2.9 107より大きい~135以下
2.0~2.4 135より大きい~183以下
1.5~1.9 183より大きい~192以下
1.0~1.4 192より大きい

年間消費電力量

電気便座を家庭での平均的な方法で使用したときの1年間に消費する電力量です。年間消費電力量が小さいほど、目安となる年間電気料金が安くなります。

省エネ基準達成率

区分(貯湯タンクの有無等)が同じならば、省エネ基準達成率が高いほど省エネ性に優れ、年間電気料金も安くなります。
電気便座は、洗浄機能の有無、貯湯タンクの有無により分けられた区分ごとに、目標基準値が設定されています。

トップへ