ホーム > 地球温暖化と対策 > 地球温暖化による影響

地球温暖化と対策

地球温暖化による影響

地球温暖化は、地球環境や身近な生態系にさまざまな悪影響をおよぼしています

平均気温は4.8℃上昇

IPCC第5次評価報告書では、20世紀末頃(1986年~2005年)と比べて、有効な温暖化対策をとらなかった場合、21世紀末(2081年~2100年)の世界の平均気温は、2.6~4.8℃上昇(赤色の帯)、厳しい温暖化対策をとった場合でも0.3~1.7℃上昇(青色の帯)する可能性が高くなります。

1986年~2005年平均気温からの気温上昇

地1986年~2005年平均気温からの気温上昇グラフ。産業革命前と比較する場合は0.61℃を加える。赤いグラフは現状を上回る温暖化対策をとらなかった場合で2.6~4.8℃上昇、青いグラフは厳しい温暖化対策をとった場合で0.3~1.7℃上昇

出典:IPCC第5次評価報告書統合報告書図図SPM6(a)より

年平均地上気温変化(1986~2005年平均と2081~2100年平均の差)

年平均地上気温変化のイラスト。厳しい温暖化対策をとった場合と、とらなかった場合の気温分布を表した図

出典:IPCC第5次評価報告書統合報告書図SPM7より

このままだと2100年の日本は…

IPCCの報告を踏まえた環境省と気象庁の科学的予測
(現状を上回る温暖化対策をとらなかった場合)

IPCC第5次評価報告書を踏まえた予測によると、日本の年平均気温は、全国平均で20世紀末と比較して最大4.5℃上昇し、真夏日は、平均52.8日増加するとされています。日降水量200mm以上になるような大雨の年間発生回数は 、全国平均で2倍以上となり、滝のように降る雨(1時間降水量50mm以上の短時間強雨)の年間発生回数は、全国平均で2倍以上となると予想されています。

2100年 未来の天気予報 『1.5℃目標』未達成・達成 夏

2100年 未来の天気予報 『1.5℃目標』未達成・達成 冬

出典:COOL CHOICE ウェブサイト

日本にも深刻な影響が予測される地球温暖化。わたしたちの家庭でも、より強い温暖化対策をとることが求められています

地球温暖化の原因となっているCO2を削減するために、家庭で使うエネルギーの削減が求められています。
わたしたちが暮らしの中で地球温暖化の防止(CO2の排出低減)に協力できることは、一人ひとりがエネルギー使用の無駄を見直して、無理なく節電に取り組むことなのです。

おうちでもできる 温暖化対策とは?

平均海面水位は82cm上昇

現在のように温室効果ガスを排出し続けた場合、21世紀末には、世界の平均海面水位が45cm~82cm上昇する可能性が高いと予測されています(赤色の帯)。
一方、21世紀末に温室効果ガスの排出をほぼゼロにした場合でも、6cm~55cm上昇する可能性が高いと予測されています(青色の帯)。

世界平均海面水位上昇(1986年〜2005年平均との差)

世界平均地上気温変化(1986~2005年平均との差)のグラフ。

出典:IPCC第5次評価報告書統合報告書図SPM6(b)より

地球温暖化による影響【世界全体】

温暖化による影響 異常気象

砂漠化

砂漠化の原因は、地球規模での大気循環の変動による乾燥地の移動という気候的要因と、人為的要因(過放牧、過耕作、薪炭材の採取等)の2つが挙げられます。 1977年のUNCODの報告によると、世界各地で毎年6万km2の土地が砂漠化で失われたことになり、現在もなお同じ割合で砂漠化した土地が増加し続けています。 これはほぼ九州と四国を合わせた面積に相当します。

参考:一般財団法人環境イノベーション情報機構ウェブサイト

中国北部の内モンゴル自治区で拡大を続ける砂漠(ホルチン砂漠)

中国北部の内モンゴル自治区で拡大を続ける砂漠(ホルチン砂漠)(1996.5, Yu Nakamura)

出典:全国地球温暖化防止活動推進センター(JCCCA)ウェブサイト

台風・ハリケーン

ホンジュラス、カリブ海沿岸の町トルヒーヨ
大型ハリケーン「ミッチ」が直撃し、町が水浸しとなった。地球温暖化が進むと、ハリケーンなど熱帯低気圧の威力が強まるといわれている。

大型ハリケーン「ミッチ」直撃の後1

大型ハリケーン「ミッチ」直撃の後1(1998.10,AYUCA)

大型ハリケーン「ミッチ」直撃の後3

大型ハリケーン「ミッチ」直撃の後3(1998.10,AYUCA)

出典:全国地球温暖化防止活動推進センター(JCCCA)ウェブサイト

温暖化による影響 食糧問題

穀物生産量が減少

地球の平均気温が2.5℃程度上がると、食料の需要に供給が追いつかず、食料価格が上がると予測されています。
農産物の自給率が低く、他の国に食料の多くを頼っている日本は、食料確保の面で大きな影響を受ける可能性があります。

干天のため枯死したとうもろこし

干天のため枯死したとうもろこし

温暖化による影響 健康

人の健康への影響のあらわれ方

温暖化が人の健康に及ぼす影響には、2003年夏の欧州を襲った熱波などのように直接、ひとの死亡率などに影響が及ぶ場合と、マラリアやデング熱など病気を媒介する動物の生息域の拡大などを通じて間接的に影響が及ぶ場合があります。

柱で休息するシナハマダラカ

柱で休息するシナハマダラカ(2005.7.28,国立感染症研究所 昆虫医科学部)

温暖化による影響 水位上昇

氷河の崩壊

アンデスから崩落するペリト・モレノ氷河。
地球温暖化によって氷河が滑り落ちる速度が早くなったと言われている。

アンデスから崩壊する氷河の崩壊

アンデスから崩壊する氷河の崩壊(2001.1.1栗林浩)

海面の上昇

最悪の場合2100年には、平均海面水位が45cm~82cm上昇すると予測されています。

環礁のため内陸から湧き上がった水によって浸水している町(浸水後)。

ツバル、フナフチ島2

ツバル、フナフチ島2(2002.5,Masaaki Nakajima)

この島には9本の椰子の木しか残されていない。椰子などの根は、波から砂の流失を防ぎ島を守っているが、これだけ小さくなってしまうと守りきれず、水没してしまう島だと言われている。

ツバル国首都フナフチ環礁バサファ島

ツバル国首都フナフチ環礁バサファ島(2005.3,Shuuichi Endou(Tuvalu Overview))

出典:全国地球温暖化防止活動推進センター(JCCCA)ウェブサイト

日本での地球温暖化による影響

日本での温暖化影響の全体像

出典:環境省 STOP THE 温暖化 2005

温暖化が進むと、まず気温の上昇や雨の量の増加、海面の上昇などが生じます。
また、台風、熱波やエルニーニョなどの異常気象も頻度が増し、より強くなると予想されています。
そうなると、自然や社会にも、さまざまな被害が生じることになります。

気候の変化 冬:大陸からの寒気の吹き出しが弱まる。雪の量が減る。 夏:モンスーンが強まる。雨の多い地域はさらに多く、少ない地域はさらに減るなどの変化が生じる。 海面の上昇 水深が深くなり、波が大きくなる。海水面が上昇して、沿岸の形を変化させる。 自然環境への影響 自然生態系 森林	植生の分布が南方系のものに変化したり、一部の種が絶滅する。草地	自然草原の分布や種が変わる。湿地	乾燥化で狭くなったり、なくなったりする。生物多様性	高山や孤立した地域の種が絶滅する。沿岸域水没したり、浸食される面積が増える。1mの海面上昇で90%の砂浜がなくなる。水資源 雨の量が増える。川の流量が大きく変わる。 人間社会への影響 農林水産業
農業	コメの収穫量は北日本では増え、西日本では減る。林業	樹木の種や量が変わり、被害を受ける。水産業	サケなどの生息域の南限が北上する。産業やエネルギー沿岸域などの観光資源が被害を受ける。エネルギーの需要が増える。国土の保全 高潮や台風の被害が増える。健康 日射病などの熱中症が増える。

すでに始まっている地球温暖化の様々な影響

地球温暖化の影響は日本でもすでに現れており、気候の変化は生態系を変え、農作物へも影響。また日本特有の自然や文化に影響を与え始めています。

全国(アメダス)の1時間降水量80mm以上の年間発生回数

  • 全国の1時間降水量(毎正時における前1時間降水量)80mm以上の年間発生回数は増加しています(統計期間1976~2020年で10年あたり3.0回の増加、信頼水準99%で統計的に有意)。
  • 最近10年間(2011~2020年)の平均年間発生回数(約26回)は、統計期間の最初の10年間(1976~1985 年)の平均年間発生回数(約14回)と比べて約1.9倍に増加しています。

全国(アメダス)の1時間降水量80mm以上の年間発生回数

出典:気象庁ウェブサイト 大雨や猛暑日など(極端現象)のこれまでの変化

全国(13地点平均)の猛暑日の年間日数

  • 全国の猛暑日の年間日数は増加しています(統計期間1910~2020年で100年あたり1.9日の増加、信頼水準99%で統計的に有意)。
  • 最近30年間(1991~2020年)の平均年間日数(約2.5日)は、統計期間の最初の30年間(1910~1939 年)の平均年間日数(約0.8日)と比べて約3.1倍に増加しています。

全国(13地点平均)の猛暑日の年間日数

出典:気象庁ウェブサイト 大雨や猛暑日など(極端現象)のこれまでの変化

流氷の減少(オホーツク海)

流氷の減少(オホーツク海)

ブナの原生林 消滅の危機(秋田県白神山地)

ブナの原生林 消滅の危機(秋田県白神山地)

サンゴの白化現象(沖縄県)

サンゴの白化現象(沖縄県)

砂浜の減少(石川県)

砂浜の減少(石川県)

ミカンの高温障害(愛媛県)

ミカンの高温障害(愛媛県)

リンゴの着色不良(富山県)

リンゴの着色不良(富山県)

参考:環境省COOL CHOICE TVより

関連情報

省エネ家電で温暖化防止

家電の省エネ化は年々進んでいます。
最新の家電の省エネ性能をチェックしてみましょう。

くわしく見る
はじめよう!スマートライフ

エネルギーを無駄なく、効率よく利用するライフスタイルとは?

くわしく見る
トップへ
おうちでもできる温暖化対策とは