ホーム > 地球温暖化と対策 > カーボンニュートラルの取組み

地球温暖化と対策

カーボンニュートラルの取組み

低炭素社会から脱炭素社会(カーボンニュートラル)へ

パリ協定が目指す世界の平均気温上昇を産業革命前より1.5℃に抑えるには、大気中に排出される温室効果ガスを、2050年には世界全体で実質ゼロにする必要があるとされています。
中でも温室効果ガスの大部分を占めるCO2(二酸化炭素)の削減が重要です。
これを実現するためには、これまで行ってきた大気中に排出されるCO2を削減する「低炭素社会」の実現だけでは足りず、それを一歩進めCO2の排出を実質ゼロにする「脱炭素社会」の実現が必要となります。
実質ゼロとは、人為的に大気中に排出されるCO2の量と森林などが吸収するCO2の量との間で均衡が取れた状態を意味し、「カーボンニュートラル」とも呼ばれます。

脱炭素社会説明イラスト。人間の活動により排出されるCO2と森林などが吸収するCO2の均衡がとれた状態を「カーボンニュートラル」という

人間の活動により排出されるCO2

生活に不可欠な電気は、大量の化石燃料(石炭、石油、天然ガスなど)を燃焼させる火力発電で作られ、この時大量のCO2を排出します。また、ガソリンを燃料にする自動車に乗ってもCO2が発生します。私たちの暮らしが便利になものになればなるほど、大量のCO2が排出されることになり、地球温暖化を加速させているのです。

化石燃料の使用を抑えることで、地球温暖化の原因となる CO2の発生を低減できます。

脱炭素社会(カーボンニュートラル)の実現にむけての取組み

カーボンニュートラル実現のイメージ図

カーボンニュートラル実現のイメージ図。2050年のCO2排出+吸収で実質0トン、カーボンニュートラルへのロードマップ。

参考:総合資源エネルギー調査会基本政策分科会(第33回会合)資料

  • 電力部門での非化石電源の拡大
    • 再生可能エネルギー発電の拡大
    • 3E+S※による原子力発電の活用など
  • 産業・民生・運輸部門での取組み
    • 脱炭素化された電力による電化
    • 水素化、メタネーション、合成燃料等を通じた脱炭素化など
  • 電化・水素化等で脱炭素化できない領域
    • CCUS/カーボンリサイクル等の最大限活用

※3E+S:エネルギーの安定供給(Energy Security)、経済効率性(Economic Efficiency)、環境への適合(Environment)、安全性(Safety)

脱炭素社会(カーボンニュートラル)の実現むけての取組み例

脱炭素社会を実現するには各部門での革新的技術開発やイノベーションが必要となります

電力部門
脱炭素技術 克服すべき主な課題
※薄赤色のエリアは技術的なイノベーションが必要なもの
発電 再エネ 導入拡大に向け、系統制約の克服、コスト低減、周辺環境との調和が課題
原子力 安全最優先の再稼働、安全性等に優れた炉の追求、継続した信頼回復が課題
火力+CCUS / カーボンリサイクル CO2回収技術の確立、回収CO2の用途拡大、CCSの適地開発、コスト低減が課題
水素発電 水素専焼火力の技術開発、水素インフラの整備が課題
アンモニア発電 アンモニア混焼率の向上、アンモニア専焼火力の技術開発が課題
民生部門
脱炭素技術 克服すべき主な課題
※薄赤色のエリアは技術的なイノベーションが必要なもの
熱・燃料 電化 エコキュート、IHコンロやオール電化住宅、ZEH,ZEB等を更に普及させるため、設備コスト低減が課題
水素化 水素燃料電池の導入拡大に向けて、設備コスト低減、水素インフラの整備が課題
メタネーション メタネーション設備の大型化のための技術開発が課題

参考:総合資源エネルギー調査会基本政策分科会(第33回会合)資料
電力部門と民生部門での取組みを抜粋

「CCS」と「カーボンリサイクル」

CO2を分離・回収して地中に貯留する「CCS」。

CO2を“資源”ととらえ、素材や燃料に再利用する取組み、「カーボンリサイクル」。

水素を利用した技術の一例

  • 燃料電池エネファーム
  • 水素発電:水素ガスタービン
  • 燃料電池自動車(FCV)
  • 燃料電池バス、燃料電池トラック

関連情報

省エネ家電で温暖化防止

家電の省エネ化は年々進んでいます。
最新の家電の省エネ性能をチェックしてみましょう。

くわしく見る
はじめよう!スマートライフ

エネルギーを無駄なく、効率よく利用するライフスタイルとは?

くわしく見る
トップへ
おうちでもできる温暖化対策とは