ホーム > 省エネ家電で温暖化防止 > 電子レンジの進化した省エネ技術と技術トレンド

省エネ家電で温暖化防止

電子レンジの進化した
省エネ技術と技術トレンド

最新の電子レンジは、省エネ技術の進歩により省エネ性能が高くなっています。

電子レンジのさまざまな省エネ技術と最新の技術トレンドを紹介します。

電子レンジの省エネ技術と効果

待機時の省エネ設計

待機時消費電力量が0.0kWh/年の製品が増えています。ドアを開けると電源が入り、調理が終わると電源を切ることで、調理時間以外の電力をカットしています。

電子レンジ

調理時間の短縮による省エネ

複数の加熱方式を組み合わせることによって、従来と同じ調理でも時間を短縮し、省エネ性を高めています。

電子レンジ複数の加熱方式で省エネ、電子レンジ(マイクロ波)、オーブン、グリル、スチーム、トースト

電子レンジの技術トレンド

オーブンレンジ用の料理のレシピの配信ができます

豊富なメニューからお好みのものを選んで、そのレシピの配信を受ければ、必要な食材をスマートフォンに送信することや、温度・時間の入力などの機器の設定を自動で行って調理することができます。

コロナ禍において「時短」「省手間」「メニュー拡充」をテーマに掲げるメーカーが増えています

トレンドとして、下記の新機能を搭載するレンジが増えています。

  • 3品同時に作れる、2段で主菜&副菜同時調理、上段下段で異なる料理を同時調理
  • ボウル1つで調理できる
  • 食材の温度や分量を見極めて自動調理
  • スマホ連携
  • AIによる家族の好みや調理履歴の学習、メニュー提案
トップへ