ホーム > 地球温暖化と対策 > 注目の再生可能エネルギー > バイオマス発電

注目の再生可能エネルギー

バイオマス発電

動植物から生まれた生物資源で発電するバイオマス発電

バイオマス発電は、動植物などから生まれた生物資源を「直接燃焼」したり「ガス化」するなどして発電します。

  1. 地球温暖化対策
    光合成によりCO2を吸収して成長するバイオマス資源を燃料とした発電は「京都議定書」における取扱上、CO2を排出しないものとされています。
  2. 循環型社会を構築
    未活用の廃棄物を燃料とするバイオマス発電は、廃棄物の再利用や減少につながり、循環型社会構築に大きく寄与します。
  3. 農山漁村の活性化
    家畜排泄物、稲ワラ、林地残材など、国内の農産漁村に存在するバイオマス資源を利活用することにより、農産漁村の自然循環環境機能を維持増進し、その持続的発展を図ることが可能となります。
  4. 地域環境の改善
    家畜排泄物や生ゴミなど、捨てていたものを資源として活用することで、地域環境の改善に貢献できます。

木質バイオマス発電のイメージ

林地残材や未利用間伐材、製材過程で発生する木くずを利用した木質バイオマス発電は、森林が吸収したCO2と発電により発生するCO2がバランスするカーボンニュートラルです。

再生可能エネルギーの種類

太陽光発電

太陽の光エネルギーから発電します。

くわしく見る
風力発電

風の力で風車を回し発電します。

くわしく見る
バイオマス発電

動植物から生まれた生物資源で発電します。

くわしく見る
水力発電

高所から流れ落ちる水の力で水車を回し発電します。

くわしく見る
地熱発電

地熱によって加熱された地下深部の熱水、蒸気を取り出してタービンを回し発電します。

くわしく見る
太陽熱利用

太陽の熱エネルギーにより、水や空気などを暖め給湯や冷暖房などに活用します。

くわしく見る

関連情報

省エネ家電で温暖化防止

家電の省エネ化は年々進んでいます。
最新の家電の省エネ性能をチェックしてみましょう。

くわしく見る
はじめよう!スマートライフ

エネルギーを無駄なく、効率よく利用するライフスタイルとは?

くわしく見る
トップへ
おうちでもできる温暖化対策とは